化粧品の使用上の注意事項の表示自主基準について

このたび、一部の美白用化粧品(医薬部外品)において白斑の問題が起きたことを機に、厚生労働省の指導の下、日本化粧品工業連合会の「化粧品の使用上の注意事項の表示自主基準」が一部改正されました。
つきましては、皮膚に使用する化粧品(医薬部外品)について製品の使用を中止すべき症状として、「色抜け(白斑等)や黒ずみ」を追記するとともに、気付かないうちに白斑が生じていた症例が見られたことを踏まえ、肌に異常が生じていないかよく注意して使用するように注意喚起の語句を追記したものです。

当社では、商品本体または外箱に表示する使用上の注意を順次変更していきます。
それに先立って、まずは当サイトにてお客様ならびに販売店の皆様へご案内をさせていただきます。

お肌に異常が生じていないかよく注意してください。化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。(1)使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合。(2)使用したお肌に、直接日光があたって上記の様な異常があらわれた場合。

皮膚に適用する化粧品(医薬部外品)は原則として表示します。(頭髪用化粧品類、洗顔料を含む。)
(除外)浴用化粧品、石けん類、シャンプー、リンス、ボディシャンプー、リップクリーム

※使用上の注意を表示することがスペース的に困難な製品等については、説明書又は外箱に表示を行うことにより、容器等への表示を省略している場合があります。

洗顔料(洗顔石鹸を含む)

・木酢炭泥棒石けん ・竹酢竹泥棒石けん ・肌清想 抹茶石けん・泡つむり
・花蜜精はちみつクレンジングソープ・肌美人豆腐せっけん
・にほんのせっけん はちみつ

化粧品類

・花蜜精 美容ジェル ・花蜜精 角質クレンジング
・アラ!馬油ボディミルク ・アラ!ナリシングボディミルク
・アラ!ハンドローション ・顔と手のクリアフォーム
・薬用雪蜜馬油ボディミルク